AS34「カルナージへのお誘い」

 海鳴から戻った数日後、夕食を終えた高町家にある者が訪れた。

「こんばんば、ヴィヴィオ」
「マリエルさんっ!?」

 出迎えたヴィヴィオは思いっきり驚いた。

  

 
続きを読む>>

AS33「無自覚の反撃」

「ふぅ~…やっとただいまだよ~」

 私、高町ヴィヴィオは自分の部屋に入るなりベッドにダイブした。
久しぶりの主をベッドはポフッと音を立てて出迎える。
 この感触が懐かしい。

「RHd、帰ってこられたね♪ 調子はどう?」

 ころんと寝返って胸のペンダントを出して話しかける。

【I`m pretty good.】

 返事を聞いてニコッと笑う。

「…こ…は…すかっ!」

その時リビングから声が聞こえた。
 海鳴経由で戻って来てはやてに戻ったのを伝えた後、フェイトから何か大切な話があるから部屋に戻るように言われたけれど、声からして何か怒っているような気がする。
 
続きを読む>>

第40話「噂のひとり歩き」(最終話)

【コンコン】
「どうぞ~♪」

 時空管理局ミッドチルダ地上本部にある執務室でドアを叩く音が聞こえて、部屋の主であるはやては声をかけた。

「失礼します。ご無沙汰しています、八神司令」

 入ってきたのは本局広報部の彼だった。笑顔で出迎える。

「こちらこそご無沙汰しています。」
続きを読む>>

第39話「弱点という優しい心」

「アリシア…滅茶苦茶強くない?」

 グランツ研究所の所長室でデュエルを見ていた大人ヴィヴィオは驚き頬を引きつらせながらら隣に居る大人アリシアに聞く。

「うん、あっちのヴィヴィオを奮い起こさせる為に言ったつもりだったんだけど…アレは凄いわ。でも…流石にセーフティは要るんじゃないかしら。あんな模擬戦…じゃなかった、デュエルをしたら…疲労も凄いわよ。」
「「えっ?」」

 グランツと大人ヴィヴィオが驚いたのと同時に八神堂のポッドからアリシアとフェイトは出てこられず、ヴィヴィオとシュテル、レヴィ、ディアーチェの肩を借りて出てきた。

 
続きを読む>>

第38話「アリシアの真価」

「シュテルすっごく強くなってた。本当に驚いたよ。」

カプセルから出た直後、ヴィヴィオとシュテルは歓声に迎えられた。

「ありがとうございます。ヴィヴィオ…少しだけいいですか? 一緒に来てください」
「? うん…」 

 そう言われてヴィヴィオはシュテルの後をついて行った。

「失礼します。」

 ついて行ったのは八神堂ブレイブデュエルのオペレーションルームだった。部屋の中で操作していたリインフォースが振り返って声をかける。
続きを読む>>

第37話「シュテルの作戦(後)」

(シュテルのパイロディザスターと同じ魔力値だったから相殺される筈なのに出来なかった。それにクロスファイアシュートを真似されちゃうなんてっ)

 舞台が市街地に移り近接戦から空中高機動戦に変わってヴィヴィオはシュテルの強さに驚いていた。
 必死に飛んで離れようとするが彼女はぴったりと後ろを追いかけてくる。アクセルシューターも全てパイロディザスターに潰されて寧ろ使えば使うほど窮地に陥っている。先にスターライトブレイカーを使う為にアクセルシューターの1個を空に放ったけれど、しっかり潰されてしまった。…しっかり研究・対策されている。
 それに…
続きを読む>>

第36話「シュテルの作戦(前)」

 翌朝、子供ヴィヴィオ達やチェントと別れてヴィヴィオ達はグランツ研究所へ向かっていた。
 少し違う街並みを見てみたいとも思ったけれど、また事件に巻き込まれたくないという思いの方が強くて、それに…

「小さいなのはさんもかわいかったけど小さいユーリさんやディアーチェさんもいいよね♪」

 何度か時空転移をしていたけれど、この世界の様に魔法文化が無い世界は初めてで、そんな世界になのはやフェイト、アリシア、ユーリやディアーチェ達が居てグランツやスカリエッティ、元ナンバーズ達が居てみんな仲がいいのだ。
 ここに居るヴィヴィオの顔を見て彼女がこの世界が好きな理由がわかった。

 この世界は聖王のゆりかごや古代ベルカという枷を持つ者にとってここは心から安らげる世界…
続きを読む>>

第35話「シュテルの決意」

「………」
「…………」
「………………」

 ヴィヴィオ達が帰ってから少し時間が経ったグランツ研究所の居住スペースのダイニングでは

「………」

 夕食の一時を静かな…重い空気が部屋を包んでいた。その理由はというと…

「…………」
続きを読む>>

第34話「見守る者」

【Master.Call me】

 相棒の声にヴィヴィオは強く頷く。

「うん、いくよレイジングハート、セェエエットアーップ!!」

 右手を天に掲げ叫んだ直後ヴィヴィオの身体は虹色の光に包まれた。



「博士…ヴィヴィオのジャケットが変わりました。名前は…えっ? セイクリッド?」
「名称は同じですが、セイクリッドとは細部が違います。」
「そうだね似ているが…エクセリオンの上位派生か?…これは一体…」
続きを読む>>

第33話「受け継いだ心」

「……行ったわね」
「…行きましたね~」
「行ったな」
「行っちゃいましたね」

 虹色の光が消えるのを見送りプレシアとマリエルはフゥっと息をついた。マリエルの肩に乗ったリインとアギトはん~っと両腕を上げて伸びをしている。
 4人が出来ることは全てした。
 後は任せるしかない。
でも心配はしていない。何故ならプレシア自身が消えずにここに居るのだから。

 
 
続きを読む>>

第32話「虹の下へ」

「虹の橋、それがヴィヴィオの使ってた魔法?」
「うん。時空転移じゃなくて私の願いを鍵として魔導書同士を繋いで転移するみたい。」

 ヴィヴィオとの練習は1勝1敗1引き分けで終わった。
 ヴィヴィオが前より良い顔をしていたのがわかったから私も嬉しかった。
 ヴィヴィオ達がシャワーで汗を流している間に休憩しているアリシアにさっきの事を話した。 

「イメージを送る方法が違うのかな…」
「わからないけど、みんなが戻って来たらここから飛ぼう。」
「連続転移になると辛くない?」
「今なら出来る気がするんだ。大丈夫!」

 
続きを読む>>

第31話「開始点からの出発」

「……スゥ……スゥ…」

 私が瞼を開くと彼女の顔が目の前にあった。

「……ん…あ、眠っちゃったんだ、私…」
「おはよう、ヴィヴィオ」  

 瞼を擦りながら上半身を起こすと、マリエルの声が聞こえた。声をかけながらも視線は端末に向いていて手は高速でキーを叩いている。

「あ…すみません…寝てしまいました。」
「いいよまだ寝てて、転移魔法使ったから疲れてたんでしょ。」

 時間を見ると既に日は変わってもうすぐ陽が昇る。6時間近く寝ていたらしい。
続きを読む>>

第30話「親子の会話」

『ヴィヴィオ君、何か違和感はあるかい?』

 デッキに入れたスキルカードを使ってみて前とは少し違う感触に戸惑う。

「前とは少し違った感じがしますけど…でも慣れれば使えると思います。」
「じゃあ早速次のテストだ♪」
「私達とのデュエルです。」

 ブレイブデュエルでスキルは使える様になったけれど、実際のデュエルで使っても大丈夫かは別問題。それを見る為にレヴィとシュテルはマスターモードで待っていた。

「ヴィヴィオ、こっちのボクはいつもと違うから全力で来てよ。」
「マスターモードは管理権限が使える他に全ての能力値が強化されています。魔法力は減りませんしので手加減は不要です。」
「ええーっ!それってズルくない?」
「はい、ですからこの姿で会った最初に言いました。『ズルです』と♪ では始めましょう」

 ニコリと言うより冷淡な笑みを浮かべる2人を見て軽くテストを受けたのをちょっぴり後悔した。


 
続きを読む>>

第29話「Vivio's Report」

 休日なのも相まってグランツ研究所には多くのデュエリストが集まり始めていた。
 グランツは所長室の窓からその様子を眺めていた。
「走らないでくださ~い」と遠くからアミタの声が聞こえる。
面倒見も良く皆を纏めてくれるから助かっている。
 このままブレイブデュエルが広がっていってくれたらと顔をほころばせる。

「さて…」

 だが笑ってばかりもいられない。自席の端末を広げる。
 そこにはスタッフから1通のメッセージが届いていた。先日ヴィヴィオがプロトタイプシミュレーターでスキルが使えなかった時のデータ調査が終わったらしい。
 添付されたレポートを見る。
続きを読む>>

第28話「ヴィヴィオの弱点」

ブレイブデュエルの世界に来た翌朝、ヴィヴィオは早く起きてはやての朝食を作るのを手伝っていたら

「おはようございます~」

アリシアがやってきた。パタパタとスリッパを鳴らせ玄関に行く。

「おはよ、どうしたのこんな早く」
「恭也さんと美由希さんと朝トレ行くんだけど、ヴィヴィオもどうかなって。」
「へっ?」
「魔法使えなくても体力作りは大切でしょ。」
「それはそうだけど…いきなり言われても…」
続きを読む>>

第27話「更けていく夜に」

「こんな位でいい?」

 その日の夜、ヴィヴィオは八神家のキッチンに立っていた。
 フェイトとなのは、アリシアとチェントは高町家に行った。
 急に押しかけたお詫びと前に来た時のお礼、アリシアは練習に参加するつもりだそうだ。ヴィヴィオも一緒の方がと思ったが5人でしかもそっくりな2人が揃うと色々大変そうだと思って、T&Hではやてに話すと2つ返事で迎えられた。
 ただお世話になるのは申し訳ないので、はやてが作る夕食を手伝っている。

「うん、ええ感じ♪ このまま弱火にしてな。ヴィヴィオちゃん料理上手やね、家でもしてるん?」
「あ…あんまり…」

 時々お菓子を作る事はあるけれど、ご飯はなのはが作ってくれるからあまりというか殆どしていない。
続きを読む>>

第26話「ユーリ奮闘す」

 Weeklyイベントも終盤になった時、八神堂のはやての携帯に連絡があった。シャマルからだ。オペレーションルームで操作中の為、ヘッドマイクを繋いで彼女の電話を取った。

「はい、はやてです。」
『シャマルです。教授から専門の教授に連絡取って頂いて話を聞いてきました。なのはさん、フェイトさんに代わって貰えますか?』

 彼女が話を聞いてくれたらしい。だけど…

「今2人ともグランツ研究所に向かってる最中でな。ちょっとこっちで色々あって…」
続きを読む>>

第25話「空の上の決戦」

 グランツ研究所でブレイブデュエルを見ていたヴィヴィオはある事に気づいた。

(同時に魔法使える子…結構居るんじゃ…)

 デュエルでは相手にバインドをかけて砲撃したデュエリストが居た。しかし砲撃を受けたデュエリストは2重に防御魔法を使い相乗効果もあってか完全に防いでいた。

「ユーリ、みんな複数の魔法使えるようになってるの?」
「そうですね、ミドルレベル以上のデュエリスト2つ、エースレベルになると3つ使える人も居ますね。シュテル達も4つまで使える様になってます。」
「みんな凄いね。それであのジャケットなんだ。」

 スキル1つを代わりにして新たなジャケット。戦略的に弱くなる場合もある。
続きを読む>>

第24話「前哨戦」

「さーてなのは、何を隠してるのか話して貰うわよっ!」
「きゃっ! アリシアちゃん!! ど、どうして知ってるの!?」

 4年1組の教室で授業が終わって放課後、バッグにノートを入れていた時、なのはは背後からアリシアに飛びつかれた。
 クラスも学年も違う彼女が来たのにも驚いたがそれよりも何故隠してるのを知ってるのか思いっきり驚かされた。

「…ごめんね、なのはちゃん…」
「ごめん、なのは…」
「いいのっ! 隠してるなのはが悪いんだから」

 彼女の妹、フェイトから話が漏れたのかと考えたがすずかやアリサもアリシアに話していたらしい。
続きを読む>>

第23話「集う光」

 ヴィヴィオ達がブレイブデュエルの世界に行った頃、大人ヴィヴィオと大人アリシアはミッドチルダ地上本部の転送ゲートからヴァイゼンに飛んで再び特務6課へと赴いた。
 着いた頃には日が暮れかけておりはやては2人を特務6課の隊舎、八神家で使っているプライベートフロアへと案内した。

「ごめんなさい…ヴィヴィオの問題は解決出来ませんでした。」

 大人ヴィヴィオは頭を下げて、彼女から聞いた心の問題について話した。
 アリシアが子供の頃に変身して大人モードのヴィヴィオを怒りのまま倒してしまった事は流石に言えなかったけれど、彼女自身が答えを見つけるしかないだろうと伝えた。

 
 
続きを読む>>
1/24 >>